九州で御供養・粉骨・海洋散骨・永代供養を行っています。日本海洋散骨教会の正会員です。

海洋散骨とは

火葬した後のご遺骨をパウダー化して海に散布する事です。
「葬送のための祭祀として節度をもって行われる限り遺骨遺棄罪(刑法190条)に違反しない」とされています。
近年、価値観や考え方の変化にともない埋葬のしかたも変化している時代にあります。
当社は、海とは、自然に帰れる場所、うまれ変われる場所、元に戻る場所として考えています。海水の成分と母親の羊水の成分がほとんど同じといわれています。生命が誕生して34億年もの間、海の中で過ごしてきた我々の祖先の環境に個人様をかえしてあげる事こそ、本当の意味での葬送方法ではないかと思っています。

ブログ

壱岐の山笠

7月28日に壱岐市で毎年恒例の山笠が開催されます。昨日は地蔵盆というお祭りもあり、夏本番に気分も最高潮🤪 家の …

天神祭

7月15日新盆にあたりお祭りに参加しています。 沢山の灯篭が並べられて、ご供養が始まりました。 お土産にお餅を …

永代供養の新しい棚が出来上がりました。

水命子、夭逝子、先祖永代供養をする方が増えて仏像を置くスペースが狭くなりましたので、新しく棚を増やしました。 …

PAGETOP
Copyright © 株式会社 聖世 All Rights Reserved.